僕が勇気を出して高級ソープを利用した時の体験談をご紹介。

初めての高級ソープ体験

最高級のテクニックとサービス

つい先日、勇気を出して高級ソープを利用した時の話だ。
今までの僕なら安さが売りのデリヘル店やピンサロで
性欲を満たしていたが、
死ぬまでに一度は高級ソープを体験したいと思ったのだ。
そして前日に予約を済ませ地元の駅まで迎えに来てもらうことに。
5分ほど待っていると黒塗りの高級車がやってきた。
目の前に停まるとドアが開き車に乗せてもらった。
この時点ですでに緊張していたが
平然を装いつつ店まで連れて行ってもらった。
そして店に到着し中に案内してもらうと
女性が土下座でのお出迎え。まるで高級旅館のようだった。
待合室に通されしばらく待っているとカーテンが開き
スレンダーで綺麗な女性が出てきた。
女性に部屋まで案内されソファに座ると
名前を名乗りながら丁寧に挨拶された。
そして僕の隣に座るといきなりディープキス。
そのままあっという間に全裸にされ
即尺フェラが始まった。

いきなりの即尺に戸惑いながらも
すでに暴発気味になっている僕の息子。
ギリギリのところで耐えているとベッドに案内され
チングリ返しの状態でアナル舐めされながらフェラチオ。
味わった事のない快楽に浸っていると
息子に跨りズブズブと自分の中に挿入したのだ。
激しく腰を動かされあっという間に精子を搾り取られると
抜かずにそのまま二回戦突入。
そして息子を引き抜くと丁寧にお掃除フェラされ
湯船に案内された。
身体を綺麗に洗われるとマットに寝かせられ
全身ローションプレイ。
ここでも精子を搾り取られてしまった。
一気に三発も搾り取られたので
さすがにベッドで休憩させてもらった。
タバコを吸い終わりゆっくりしていると、
彼女が隣に座ってきてもう一回しましょうと
誘ってきた。さすがにもう勃たないですよーと言うと
任せて下さいと力強く言われベッドに寝かせられた。
そして竿、玉、アナルを同時に刺激されると
あっという間に元気になる息子。
再び生で挿入して四発目の射精。
時間になりシャワーを浴びて部屋を出る前にキスをして別れた。
さすが高級店だけあって
テクニックやサービスは素晴らしいものだった。
またお金を貯めてチャレンジしようと心に誓った僕だった。

Copyright © 性風俗ネタサイト サンティアゴ All Rights Reserved.